体が硬いどっとこむ

Androidは電気羊の夢をみるのか?それともAndroidは傷つかない?

9月
13

テッククランチの記事を見ていると、あ〜、Googleもひとつの節目を迎えて、ほかの企業と同じ選択をしてしまったりするのね。って思った。
Googleも変なプライドをなくして、iTunesと同じ方法で勝負すればよかったのに、全方位的手法が仇となり、典型的な魑魅魍魎の世界にしてやられた感あるよな。まるでやり手ババアに利用された、小僧のようです。
プロダクトを野放しにすると、ハイエナがよってきて骨も食べつくし、もはや精悍な顔立ちの青年は色あせた痩せ犬のような、姿に変貌する。

日比谷線で見つけたカワイイ内照広告

9月
12

日比谷線の恵比寿駅で内照広告がやたらにかわいいものがあった。
この独自性のあるキャラクターの量がすごい。
イラストはJAMES JARVISか?
  
IMG_0475.JPG

IMG_0476.JPG

Snow LeopardでF10やF11やExposéが使えない件

9月
07

Snow Leopardにしてからの現象で、検索したら、
みんなはターミナルでkillall Dockで対応しているみたいですね。
しかし本件、アップルの対応が遅いというか、なしのつぶてなので、
なんでかな〜と思っています。
先日のFirefoxで1Passwordプラグインが当たって、ブラウザが起動しない で僕はFirefoxからメインブラウザをsafariに切り替えました。
そしてgmailもあまり使わなくなり、しばらく使っていました。
おや?F11が効く!

もしかしたらgmailか?
もう少し、様子をみたいと思います。

村上作品に対するある種の盛り上がりで知った、村上さんの魅力

9月
02

昨日から、Twitterで村上隆さんをフォローしました。
最近になって、また波紋を呼んでる作品は、十数年前から波紋を呼んでいます。
いまだに波紋が広がってるのは、世界が狭いようで広いのか、それとも、やはり独創性が輝きを失っていないのか。どちらにしても、いまだに影響力をもっているということは、後世に影響を与えるアーティストであると言ってもいいと思います。
十数年前、なにかの雑誌か映像で最初にあの作品を見たときは、デザイン学科の学生だった僕は、正直、衝撃的というよりも、「ああ、やられた」とか「くやしい」とか「誰かがやるよね」とか、そういう気持ちと、美術家というのは不器用なもので、閉塞感のあるアート界に俗っぽいテーマを引っぱってきて、キャッチーで器用なアーティストが登場したなと思っていました。
しかし、村上さんのTwitterのつぶやきは今まで作品だけでは人間性があまりわからなかっただけに、僕にはアーティストの苦悩が垣間みられておもしろい。
あっ。僕はアーティストが苦悩するのは美しいということだと思っています。だから、「おもしろい」っていうのは美術の味方として面白いという意味です。アーティストヘの礼賛です。

Firefoxで1Passwordプラグインが当たって、ブラウザが起動しない

9月
01

パソコンが重いので、Macを再起動したら、Firefoxが起動しない。

バージョンは3.6.8。先日、バージョンアップしたところ。

なんでかな〜と思って、セーフモードで起動。
なんだ、これで解決かと思って、とりあえず怪しいアドオンをオフに。
で、ブラウザを再起動。。。。。しない。 おーーーーい!
ま、仕方ないか。 こんなもんさ。
この際、プラグインも整理するか!と、ポチポチ&再起動リピートして、
コンフリクトしてるプラグインを探る。

最悪だorz。はてなよりも、Web developer toolよりも、一番、使用頻度の高い1Passwordがやってもうてる。

ま、いっか。俺にはSafariがある。
今日から僕も純Safariユーザーです。てへっ。

はやく、1Passwordのプラグインがバージョンアップしないかな〜。
っつうか、原因はそれだけなのだろうか。。。  

追記:次の日、プロフィルを初期化して、プラグインを追加したら、またFirefoxが動きました。