体が硬いどっとこむ

東北2日目の出来事

5月
04

東北1日目の5月2日。「今日の総括。来てみた、東北」では、被災地とはどういうものだったかをトミさんに見せてもらって、盛岡のビジネスホテルに泊まりました。

暗い話ばかりではありません。
ある意味、確かめたかったのは2日目。

それは、僕が勝手に子供の日に鯉のぼりを楽しめないのは可哀想だと思って、
トミさんと相談した結果、僕が調達、トミさんが現地に届けた、絵を描ける鯉のぼりのことでした。

5月3日。 晴れ。東松島の避難所になっている場所で、
トミさん「子供たちや爺さん婆さんを集めてやるらしいから行って、一緒に描いたって〜。芸大やろ(笑)」
僕「いやいや、 僕、そういうの苦手ですから」
みたいなやり取りがあって、東北に来たということもあり。

「子供なんて、場所とモノがあれば、なんでも楽しめる能力がありますよ」と、最初は言っていた僕です。わりと確信めいてはいましたが、「描くんか〜。ふ〜」って気分で2日目を迎えました。

ホテルを早めにでましたので、時間が余ってます。
観光も東北の経済には大事なことだということで、昨日話題になった中尊寺金色堂へ。


残念ながら、金色堂は撮影はできませんでした。 まさに金色の狂気の傑作でした。

そんなことをして、いよいよ東松島に行く途中、事故渋滞。
あら?あんなにあった時間に余裕が。。。
トミさん「やべー、昼飯、食う時間がねーなー」
偶然見つけた黒いテント。「入ろう!ここしかない」


いけてる!780円だったと思う。
トミさん「ここで、まさかの当たりだったね」
安いわ、旨いわ、なかなかでした。

名前はなんだっけ?利助(りすけ)。うーん。。。

トミさん「ははは。結構、きいたことあるね〜」
僕「ほんとっすね。打ち上げはリスケでお願いします。みたいなw」
トミさん「どっちの意味ですか?みたいなw」

さて、ギリギリ3分前に我々、到着しました。
すでにもう佳境に入っておりまして、 鯉のぼりは完成間近でした。

すばらしい!子供が楽しんでいるどころか、お年寄りの方も参加して、色付けたり、絵を描いたりしてるやん!
親御さんなんか写真とってるし。一時はどういうテンションで現場どうなるのかと危惧していましたが、
芸大生というレッテルとワークショップが苦手という僕の杞憂は意味のないものでした。

無事、鯉のぼりも掲げられて、やってよかった。僕とトミさんの自己満足だったとしても、これならば良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です